JEWELRY BRAND LIST

ART / AVON / Barclay / BOGOFFCoro /
EMMONS / 
FLORENZA / JUDYLEE / JULIANA /
Kenneth Jay Lane(K.J.L) / KRAMER / LISNER /
Laurel Burch / LUCIEN PICCARD / MONET /
NAPIER / SARAH COVENTRY / TRIFARI /  VENDOME / VOGUE / WHITING&DAVIS 

 

【ART(アート)】
ART(アート)のヴィンテージカーネーションイヤリング
1940年後半~1960年後半にかけてコスチュームジュエリーを制作していたブランド。ヴィクトリアンやアール・デコを復活させたデザイン、また花やフルーツをモチーフにしたデザインで知られています。

【AVON(エイボン)】
AVON(エイボン)のヴィンテージラインストーンピアス
1886年にNYで香水会社として始まり、1971年よりコスチュームジュエリーの制作をスタート。品質の良いジュエリーを手の届く価格帯で販売し、人気を博しました。1980年代には一時期ティファニーを買収したほど、ジュエリー業界で強い地位を確立。Kenneth Jay Laneなど有名デザイナーが
エイボンのためにデザインを手がけたアイテムは、現在もコレクターに特に人気があります。

【Barclay(バークレイ)】
Barclay(バークレイ)のヴィンテージラインストーンイヤリング
1911年に設立されたThe New England Glasswork Companyが1947年に社名変更し、Barclay Jewely Inc.となったコスチュームジュエリーブランド。フィリグリー細工を施したメタルに様々な形のラインストーンをセッティングした作品が代表的です。社名変更した後~1950年代の作品は特にクオリティが高く、現在もコレクターに特に人気。ブランドは1957年に閉業しました。

>>Barclayのジュエリーはこちら

 

【BOGOFF(ボゴフ)】
BOGOFF(ボゴフ)のラインストーンイヤリング
ポーランド移民であったHenry Bogoffが1946年にシカゴで創業したコスチュームジュエリーメーカー。HenryはNYの数々の高級ジュエリー店を訪れ、シカゴに戻るとダイヤモンドや貴石を用いたハイジュエラーのジュエリーを自身の解釈でBogoffのジュエリーに落とし込み、ラインストーンを用いてデザインしました。彼の作品はハイジュエリーのようにエレガントで品質も高く、最終的には国内有数のデザイナー、コスチュームジュエリーブランドの一つとなりました。1960年代前半に閉業したため、製造年数が非常に短く市場に出回る数が少ないことから、BOGOFFのジュエリーは希少性が高いアイテムとなっています。

>>BOGOFFのジュエリーはこちら

 

【Coro(コロ)】
Coro(コロ)のヴィンテージラインストーンイヤリング
1901年にニューヨークで設立されたコスチュームジュエリーブランド。創業者CohnとRosenberger、互いの名前を取ってCoroと名付けられました。1930年代半ばにはイギリスやカナダにも工場を構え、全国の主要都市に取扱店を持つ世界最大級のコスチュームジュエリーブランドに成長。その独創的なデザインと品質の高さから現在も世界的に愛好家がおり、高級ラインのCoro Craft、Vendomeは特に非常に人気があります。

>>Coroのジュエリーはこちら

 

【EMMONS(エモンズ)】
EMMONS(エモンズ)のヴィンテージイヤリング
1949年にNYで設立された、ホームパーティーでジュエリーを販売する形式の会社。社名は創業者の妻の名をとって名付けられました。ハイエンドなジュエリーを手がけて人気を呼びメジャーカンパニーに成長しましたが、会社は1981年に閉業。当時Sarah Coventryの姉妹会社でもありました。

>>EMMONSのジュエリーはこちら

 

【FLORENZA(フロレンザ)】
FLORENZA(フロレンザ)の薔薇のイヤリング
創業者であるDan Kasoffは1930年代にジュエリー製造業を開始し、1949年に自社ジュエリーFLORENZAの制作をスタート。華麗で深みのあるルネッサンス調、ヴィクトリアン調のスタイルを基調とし、美しい仕上げのメタル、オーストリアやドイツ製のラインストーンなど高品質の素材を使用することでも評価されていました。会社は1981年に閉業。

>>FLORENZAのジュエリーはこちら

 

【JUDY LEE(ジュディ・リー)】
JUDYLEE(ジュディリー)のラインストーンフラワーイヤリング
1950年代後半にシカゴで設立されたBranch-Ette社の商標。1970年代にかけてホームパーティー形式でジュエリーを販売し、人気を博しました。花のモチーフ、ヴィクトリアン調のスタイルや、アンティーク仕上げのメタルに高品質のラインストーンを使用した華やかなデザインが特徴。ブランドは1980年代に閉業しました。

>>JUDY LEEのジュエリーはこちら

 

【JULIANA(ジュリアナ)】
JULIANA(ジュリアナ)のヴィンテージラインストーンイヤリング
De LizzaとElsterが1947年に設立し、1990年代まで存続したDelizza&Elster Company(D&E)の自社ジュエリーライン。D&Eは高いジュエリー制作技術を持ち、Alice Caviness, Hobe, Hattie Carnegie, Kenneth J. Lane, Kramer, Weissなど多くのブランドのジュエリー制作を手がけていました。
D&Eは1953年に自社ジュエリー"JULIANA"の制作を開始。高品質のカラーガラスやラインストーンが手作業で石留めされた、華やかでボリュームのあるデザインが特徴です。ジュリアナの専門書が出版されるほどそのランナップは多彩で、現在も世界中に愛好家がいます。ジュエリーは刻印なしで制作されたため(1968~1969年の2年間のみペーパータグを付けて販売されました)、ジュエリーの複数の特徴によりジュリアナのものかどうかを識別します。

>>JULIANAのジュエリーはこちら

 

【KRAMER(クレイマー)】
KRAMER(クレイマー)のラインストーンイヤリング
1943年にLouis KramerによってNYで設立されたコスチュームジュエリーカンパニー。KRAMERのジュエリーは、鮮やかな色のラインストーン、ガラス、エナメルなどを使用した複雑で芸術的なデザインが特徴。幾何学模様、花や動物モチーフの作品も多く制作しました。1950・60年代にはクリスチャン・ディオールのコスチュームジュエリー制作も手掛け、これらはコレクターの間で最も人気の高いアイテムに。会社は1970年代に閉業しましたが、KRAMERのジュエリーは現在もなおコレクターを魅了し続け、その価値は年々上昇しています。

>>KRAMERのジュエリーはこちら

 

【Kenneth Jay Lane(K.J.L)】
KJL(ケネスジェイレーン)のヴィンテージラインストーンイヤリング
Kennethはデザイン学校を卒業後、Hattie Carnegieの下で働き、その後Christian Diorの靴のデザイナーをしながらジュエリーデザインを始めました。1963年にNYで自身のジュエリー会社を創業すると彼のコスチュームジュエリーは人気を博し、ケネディ大統領夫人、エリザベス・テイラー、オードリー・ヘップバーンにも愛用されました。Kennethのデザインコンセプトは「何にもとらわれず、好きなものだけを作る」。他にないオリジナリティ溢れるデザインが魅力です。

>>K.J.Lのジュエリーはこちら

 

【LISNER(リスナー)】
LISNER(リスナー)のヴィンテージオーロララインストーンイヤリング
1904年にニューヨークで設立されたコスチュームジュエリーブランド。当初はヨーロッパからジュエリーを輸入していましたが、1931年に自社ジュエリーの生産を開始。リスナーのジュエリーは幾何学的センスに優れ、その多くが花、果物、葉などの自然のモチーフに影響を受けてデザインされました。オーロラ加工が施されたカラフルなラインストーンジュエリーも有名です。1950年代~60年代に最盛期を迎え、1985年に閉業しました。

>>LISNERのジュエリーはこちら

 

【Laurel Burch(ローレル・バーチ)】
LaurelBurch(ローレルバーチ)の鳥のヴィンテージイヤリング
ローレル・バーチ(1945-2007)は、カリフォルニア生まれの芸術家、デザイナー。一目で彼女の作品とわかるその独特の画風は、アメリカのみならず世界中のファンを魅了し続けています。1971年に中国を訪れ、エナメル加工の一種である"Cloisonné(クロワゾネ)"に出会った彼女は、以降この技法を用いてイヤリングを制作するようになりました。※Cloisonné:金属の上に金属線を貼って輪郭を描き、できた枠内をエナメルで埋めて装飾する技法。

>>Laurel Burchのジュエリーはこちら

 

【LUCIEN PICCARD(ルシアン・ピカール)】
LUCIANPICCARD(ルシアンピカール)のヴィンテージイヤリング
1923年にスイスで創業した、90年の歴史を持つ老舗ブランド。 宝飾時計をメインに製造しており、特に真珠をあしらったジュエリーウォッチが有名。優れた職人技と時代を超越したデザインで、創業以来、グレース・ケリー、エルビス・プレスリー、フランク・シナトラなど多くの世界的なロイヤルティやセレブリティに愛用されました。

>>LUCIEN PICCARDのジュエリーはこちら

 

【MONET(モネ)】
MONET(モネ)のヴィンテージチェーンイヤリング
1927年にアメリカ・ロードアイランド州で設立されたコスチュームジュエリーブランド。当初はモノクラフト製品会社で、女性のハンドバッグ用に金メッキと銀メッキのモノグラム銘板を製造していました。1937年にコスチュームジュエリーの制作を開始して大手ブランドに成長し、1982年にはイヴ・サンローランのジュエリーもプロデュース。特にクリップタイプのイヤリングは、耳が痛くならない画期的な構造で絶大な人気を誇りました。

>>MONETのジュエリーはこちら

 

【NAPIER(ネイピア)】
NAPIER(ネイピア)の蔦の葉のヴィンテージピアス
1875年に銀製品会社"Whitney and Rice"として始まり、1922年"Napier"に社名を変更。宝飾制作技術を生かし、長きにわたりエレガントなジュエリーを発表し続けた人気老舗ブランドです。1950年代には、当時のアイゼンハワー大統領夫人がネイピアから贈呈された象モチーフのゴールドブレスレットを愛用したことでも有名。1999年にジュエリー制作を終了しました。

>>NAPIERのジュエリーはこちら

 

【SARAH COVENTRY(サラ・コベントリー)】
SARAHCOV(サラコベントリー)のヴィンテージラインストーンイヤリング
1949年にNYで創業したコスチュームジュエリーブランド。社名は創業者の孫娘(サラ)の名をとって名付けられました。主にホームパーティー形式で販売され、大きな成功を収めました。個性的なものからエレガントなものまで、豊富なデザインが特徴です。会社は1981年に閉業。EMMONSの姉妹会社でもありました。

>>SARAH COVENTRYのジュエリーはこちら

 

【TRIFARI(トリファリ)】
TRIFARI(トリファリ)のヴィンテージイヤリング
1918年創業のジュエリーカンパニー。1930~68年まで、ヴァン・クリーフやカルティエに在籍していたAlfred Philippe氏がデザイナーとして活躍し、トリファリはアメリカを代表するジュエリーメーカーへと成長しました。優美な曲線を用いたエレガントなデザインが人気を博し、1950年代には当時のアイゼンハワー大統領夫人が、大統領就任式でトリファリ社のジュエリーを着用したことでも有名に。トリファリのジュエリーは刻印により年代を知ることができます。

Crown TRIFARI(Tの上に王冠マーク):1930-60年代
Crown TRIFARI©(Tの上に王冠マーク):1955-1960年代。

Trifari ©︎:1970-80年代。

TM TRIFARI:1980年代後半-1990年代。1994年MONETグループに買収される前にトリファリが作った「最後のトリファリ」。

Trifari PAT PEND:1932-1954年。特許出願(PAT PEND)を意味する特別な刻印。当時ジュエリーデザインにはコピーライト(著作権)がなかったため、特許を申請してデザインを守っていました。この刻印は主にAlfred Philippeデザインのアイテムに使用されています。

>>TRIFARIのジュエリーはこちら

  

【VENDOME(ヴァンドーム)】
VENDOME(ヴァンドーム)のお花のヴィンテージイヤリング
1901年にニューヨークで設立されたコスチュームジュエリーブランド"Coro"が、富裕層をターゲットとして1944年に立ち上げたCoroの最高級ライン。
花をモチーフとしたジュエリーやビーズワークジュエリーが有名で、ユニークなデザインが特徴。金属細工にとても優れ、オーストリアやチェコスロバキア製クリスタルなど最高品質の素材を用いたことでも知られる、品質・技術ともに卓越したブランド。1979年にヴァンドームとしての製造は終了。

>>VENDOMEのジュエリーはこちら

 

【VOGUE(ヴォーグ)】
VOGUE(ヴォーグ)のラインストーンとビーズのヴィンテージイヤリング
1936年にNYで創業し、1977年まで存続したコスチュームジュエリーメーカー
。ガラスやビーズを用いた独創的なデザインが特徴。そのユニークなデザインと品質の高さから、現在も世界中のコレクターに愛されています。

>>VOGUEのジュエリーはこちら

 

【WHITING & DAVIS(ホワイティング&デイビス)】
WHITING&DAVIS(ホワイティングアンドデイビス)のヴィンテージイヤリング
1876年にアメリカのマサチューセッツで創業したメタルメッシュの老舗ブランド。当初はチェーンやシルバープレート、ゴールドプレートを使ったメッシュバッグの製造販売を行っていましたが、後に
コスチュームジュエリー界にも参入。メッシュワーク技術、またガラスやカメオなどの異素材も幅広く用いたジュエリーは、ジュエリー業界においても人気を博しました。アンティークジュエリーにインスパイアされたクラシカルなデザインが特徴。

>>WHITING & DAVISのジュエリーはこちら