選ぶ基準

膨大な量の中から、自分にとっての宝物を探し、お客様にご紹介する。現地買付けでは朝から晩まで自分の足で蚤の市やコレクターのもとを巡り、血眼になって美しいと感じるものを探します。

海外への渡航ができなくなってからは、現地のコレクターに写真を送ってもらっています。膨大な量の写真をチェックし、コレクターさんと何度もやり取りを重ねて購入するものを決め、日本に送っていただいています。

自分が美しいと思わなければ、お客様にも紹介できない。多くに好まれるであろうという理由では選びません。

 

テイスト

選ぶジュエリーのテイストには、私個人の好みがダイレクトに反映されていると思います。大きく分けると、①エレガントな正統派系 ②エキゾチック系 ③植物モチーフです。

①正統派は昔から好きなスタイルです。シンプルでエレガントで、流行や年代を超えて愛されるようなベーシックなスタイルが好きです。

②東南アジアや中近東の雰囲気を感じさせるような、エキゾチックなジュエリーが好きです。強くインパクトがあり、鮮やかな色や熱、パワー、エネルギーを感じさせるもの。これは小さい頃から東南アジアが大好きで何度も訪れたりインドネシアに留学した経験、約8年間中近東の伝統舞踊を嗜んだことで自分の中に根付いた感性です。

③植物はジュエリーと同じくらい愛しています。育てるのも鑑賞するのも大好きです。ブランドロゴにも取り入れており、ショップをオープンしたら花と植物モチーフをたくさん扱うと決めていました。

他には、爬虫類(個人的にも飼育しています)、蝶、鳥等も好きなのでブローチで買い付けることが多いです。

 

撮影

基本的に白か黒の無地背景で撮影しています。理由は、ショップをご覧いただいたときに、個性豊かなジュエリーが目に飛び込んでほしいから。背景の存在感は無くし、ジュエリーの色や形を存分に楽しみ、心に焼き付けてほしいからです。

また、商品写真はできるだけ実物のままを魅せるよう意識し、実物より良く見せないようにしています。天候や時間帯に左右されることなく常に一定の光の下で撮影できるよう、室内の撮影セットのライトを使用して撮影しています。